北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は28日、日本の安倍晋三首相を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、安倍氏が国際会議で数人の国家元首に、北朝鮮に対する「圧迫共助」を請託したとし、「日本内部では『脅威』だの、『最も深刻な安保上の危機』だのと言って朝鮮に対する敵対意識と戦争の雰囲気を鼓吹することに熱を上げている」と指摘した。

つづけて、「これは共和国に対する許せない敵対行為だ」と糾弾した。