北朝鮮の金正恩党委員長が、順川(スンチョン)ナマズ工場を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が28日、伝えた。

【画像】順川ナマズ工場を現地指導した金正恩氏

同通信によると、新たに建設された順川ナマズ工場は、延べ床面積は約2万4120平方メートルで、年間養殖能力は1200トンだという。

金正恩氏は、順川ナマズ工場について「スマートでありながらも整然とするように本当によく建設した、順川火力発電所から出る廃水を利用して温水性魚であるナマズの生育条件に必要な温水をつねに保障できる打ってつけの所に工場を建設した、主体化、科学化、集約化、工業化が実現した近代的なナマズ工場を建設すべきだという朝鮮労働党の方針を平安南道(ピョンアンナムド)が先頭に立って立派に貫徹した」と述べた。

また、同工場の施設を見て回り、「工場で野心満々たる目標を立て、養殖正常化の炎を激しく燃え上がらせなければならない」と述べた。

さらに、「遠い後日にも遜色ないように建設された工場をたいへん満足に見て回った」と述べ、順川ナマズ工場を建設することに寄与した平安南道内の活動家と建設者、支援者を高く評価したという。

現地指導には、呉秀容(オ・スヨン)、朴泰成(パク・テソン)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)の各氏が同行した。

【画像】順川ナマズ工場を現地指導した金正恩氏

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が新たに建設された順川ナマズ工場を現地指導

【平壌11月28日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩委員長が新たに建設された順川ナマズ工場を現地で指導した。

金正恩委員長は、同工場の構内に丁重に立つ金正日総書記の慈愛深い姿を形象化したモザイク壁画を見てから、順川ナマズ工場の鳥瞰図(ちょうかんず)の前で解説を聞いた。

順川ナマズ工場の延べ床面積は2万4120余平方メートルで、基本養殖区域、補助養殖区域、厚生区域などから成っており、年間養殖能力は1200トンである。

金正恩委員長は、2015年12月、平安南道で他の道よりまず順川地区に能力の大きいナマズ工場を立派に建設することに関する措置を取ってやり、設計の形成案を指導したばかりか、建設において提起される全ての問題を一つ一つ解決してやった。

道内の活動家と建設者、支援者は着工のくわ入れをした時から力強い突撃戦を繰り広げて去る10月、順川ナマズ工場の竣工(しゅんこう)式を行って養殖に入る成果を収めた。

金正恩委員長は、順川ナマズ工場をスマートでありながらも整然とするように本当によく建設したと言い、順川火力発電所から出る廃水を利用して温水性魚であるナマズの生育条件に必要な温水をつねに保障できる打ってつけの所に工場を建設した、主体化、科学化、集約化、工業化が実現した近代的なナマズ工場を建設すべきだという朝鮮労働党の方針を平安南道が先頭に立って立派に貫徹したと述べた。

金正恩委員長は、沿革紹介室、科学技術普及室、総合指令室、孵化(ふか)棟、屋内肥育棟、屋外ビニール・シート池と飼料加工場、原料貯蔵庫、冷蔵庫、ナマズ加工場などの各所を見て回りながら建設の状況と養殖の実態を具体的に了解した。

金正恩委員長は、工場で野心満々たる目標を立て、養殖正常化の炎を激しく燃え上がらせなければならないと述べ、工場の管理・運営において提起される教えを与えた。

金正恩委員長は、順川ナマズ工場は朝鮮労働党第7回大会決定貫徹のための闘いの中で新たに生まれた工場、平安南道の活動家と党員と人々が自力を信じて将来を楽観して立ち上がって建設した貴い建造物だと述べ、道内の人民が工場の建設を通じて自力更生の革命精神を発揮すればやり遂げられないことがなく、世界にこれ見よがしにより豊かに暮らすことができるということを改めて肌で感じたというが、信念が百倍になると述べた。

金正恩委員長は、遠い後日にも遜色ないように建設された工場をたいへん満足に見て回ったと述べ、党の意図に即して順川ナマズ工場を立派に建設することに積極的に寄与した平安南道内の活動家と建設者、支援者の偉勲を高く評価した。

金正恩委員長は、順川ナマズ工場の活動家と従業員が科学養魚の旗印を掲げて年間1200トンのナマズを無条件に養殖して道内の人民に与えるとの期待と確信を表明し、彼らと共に記念写真を撮った。

朝鮮労働党中央委員会の呉秀容、朴泰成の両副委員長、党中央委員会の趙甬元副部長が同行した。---

    関連記事