北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は23日、韓国が「米国産軍事装備の導入と武装装備の開発に熱を上げている」と糾弾する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

先日、韓国を訪れたトランプ米大統領は、文在寅大統領との首脳会談で、米国製武器の購入を迫り、文氏は購入を約束したとされている。

論評は、「かいらい好戦狂らの米国産軍事装備導入と武装装備開発策動はそうでなくても緊張した朝鮮半島情勢をさらに激化させ、地域の平和と安定を破壊する軍事的対決妄動である」と非難した。