人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、「かいらいが米国との北侵戦争演習騒動に狂奔する一方、米国産軍事装備の導入と武装装備の開発に熱を上げているのは米国宗主の戦争手先、同族対決狂としての正体をより赤裸々に現している」と指摘した。

さらに、「『北の核脅威』を口実にして南朝鮮により多くの武器を売り渡し、かいらいを米国産武器で装備させて北侵戦争の突撃隊に利用しようとするのが米国の凶悪な下心である」とし、「米国の侵略戦争策動により深く加担するかいらいこそ、哀れ極まりない植民地奴僕である」と米韓を非難した。

その上で、「かいらいは、無謀な武力増強策動がもたらす破局的結果について熟考しなければならず、カカシのような米国に頼ってむやみに軽挙妄動してはならない」と忠告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事