人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

朝鮮ア太委代弁人 共和国に対する「テロ支援国」再指定をあくまでも強行発表した米国を糾弾

【平壌11月22日発朝鮮中央通信】朝鮮アジア太平洋平和委員会(ア太委)のスポークスマンは、21日にトランプがホワイトハウス閣僚会議なるところで共和国に対する「テロ支援国」再指定をあくまでも強行発表する暴挙を働いたことで22日、それを糾弾する声明を発表した。

声明は、同日、トランプが朝鮮に対する「テロ支援国」再指定はすでに久しい前に取られるべき措置であっただの、北は核で全世界を脅かし、手段と方法の限りを尽くして国際的なテロ行為を支援する「殺人政権」であるだの、何のという白昼強盗さながらの詭弁(きべん)をむやみに並べ立てて、今回の措置に続いて北はもちろん、北と取り引きする国々と個別の人物らに対する最高水準の追加制裁と圧迫措置が連続取られるだろうと言ったことについて明らかにした。

    関連記事