北朝鮮、核施設で「強制被ばく労働」させられる政治犯たち

北朝鮮が核開発を継続する中、核実験の過程で、深刻な人権侵害が行われていることが明るみに出つつある。

実は、核実験施設があるとされている豊渓里(プンゲリ)近くには、悪名高き政治犯収容所「16号管理所」(化成強制収容所)が存在する。ここに収容された政治犯が、核実験施設で防護服なし、すなわち放射能に被ばくしながら強制労働させられているというのだ。

北朝鮮当局は、国民の反発を抑えるため「見せしめ」の公開処刑をおこなっているが、核施設での極めて危険な強制労働も、隠れた人権侵害の一つと言える。

(参考記事:「まるで公開処刑が遠足のようだった」…北朝鮮「人権侵害」の実態

遺体は放射性廃棄物扱い

ただし、こうした実態は、2006年の初の核実験直後から指摘されてきた。