北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は19日、トランプ米大統領を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「先日、南朝鮮を訪れて並べ立てた老いぼれ狂人トランプの妄言は今まで吐いた反共和国狂言のたわごとと凶悪な言葉や理不尽な言辞の総合体である」と糾弾した。

また、トランプ氏が「わが国家と体制を謗り、わが人民の生活をこき下ろそうとしたのは許せない罪悪である」とし、「笑止千万なのは、トランプがわれわれに対するあらゆる悪態をついたことにも満足せず、拳を振り回す路地の餓鬼大将のように米国の力について言い立てたことである」と述べた。