北朝鮮外務省の崔希鉄(チェ・ヒチョル)次官は16日、オーストラリアのマルコム・ターンブル首相が「米国の極端な対朝鮮制裁・圧迫策動に積極的に追従しながら、われわれに対する悪態を引き続きついている」とする談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、オーストラリア首相が「北朝鮮は武器および麻薬密輸、サイバー犯罪などを通じて核計画に必要な資金を蓄えている世界で最も狡猾で洗練された犯罪者の中の一つ」「国家の美名の下で運営される犯罪組織」などと述べたことに言及した。

これに対して、「国連舞台でわが国家の絶滅を言い散らしたトランプの妄言と一脈相通ずるものとしてわが国家の自主権に対する乱暴な侵害であり、わが人民に対する我慢できない冒とくとなる」と非難した。