北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は16日、米軍が最新鋭高高度迎撃システム(THAAD〈サード〉)を「追加配備する企図をさらけ出した」と非難する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「米国が朝鮮半島周辺の諸大国をけん制し、アジア太平洋地域で覇権的地位を占める心算の下でいわゆる『北の核脅威』なるものを口実として南朝鮮に『THAAD』を配備した」と指摘した。

つづけて、「問題は米国が南朝鮮への『THAAD』一式の配備が完了したことに満足せず、『THAAD』砲台を追加配備する企図をさらけ出していることだ」と述べた。