北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は15日、署名入りの論評で、日本が拉致問題に執着しながら北朝鮮に言い掛かりをつけていると非難した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「トランプの日本訪問前夜に首相の安倍は、日本人拉致の終局的解決のために米国およびその他の国々との協調に努力の限りを傾けると言ったかとすれば、駐米日本大使なる者も『拉致問題』に関して、米国が重要な人道的問題に認識して日本と共にその解決のために努力しようとすることを歓迎するとこびへつらった」と指摘した。

これに対して、「『拉致問題』にしつこく食い下がってその解決のために協力してほしいと上司に哀願する日本反動層の醜態は他国に言い掛かりをつけて自分の利益をむさぼることに長けている島国一族のずる賢さを再度暴露している」と主張した。

つづけて、「日本の反動層が解決済みの『拉致問題』に執着しながらわれわれに言い掛かりをつけるのは、それなしには対朝鮮圧力体制を維持する方途がないと打算していることに関連する」と述べた。

その上で、「日本の反動層は、他国に言い掛かりをつけて意地悪く振る舞っていては当然ひどい目にあうことになるということを銘記し、正しく行動すべきである」と忠告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 他国に言い掛かりをつける日本の意地悪な悪習を糾弾

【平壌11月15日発朝鮮中央通信】トランプの日本訪問前夜に首相の安倍は、日本人拉致の終局的解決のために米国およびその他の国々との協調に努力の限りを傾けると言ったかとすれば、駐米日本大使なる者も「拉致問題」に関して、米国が重要な人道的問題に認識して日本と共にその解決のために努力しようとすることを歓迎するとこびへつらった。

15日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、「拉致問題」にしつこく食い下がってその解決のために協力してほしいと上司に哀願する日本反動層の醜態は他国に言い掛かりをつけて自分の利益をむさぼることに長けている島国一族のずる賢さを再度暴露していると明らかにし、次のように強調した。

日本の反動層が解決済みの「拉致問題」に執着しながらわれわれに言い掛かりをつけるのは、それなしには対朝鮮圧力体制を維持する方途がないと打算していることに関連する。

堂々とできないことをするには名分が必要であり、その名分を立てるために他国に言い掛かりをつけなければならない日本の意地悪な悪習は地域の情勢を悪化させ、自分自身を孤立へ追い込む愚行である。

自分の利己的目的だけのために思考し、行動する国を正しく見て仲良くする国はない。

日本の反動層は、他国に言い掛かりをつけて意地悪く振る舞っていては当然ひどい目にあうことになるということを銘記し、正しく行動すべきである。---

    関連記事