北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は13日、米韓が「『北の核脅威』と『挑発』を唱えてわれわれに悪らつに言い掛かりをつけている」と糾弾する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「朝鮮半島と地域の平和と安全を破壊して核戦争の危険を高調させる挑発者、侵略者は他ならぬ米国と南朝鮮のかいらいである」と強調した。

また、「米国こそ、時代錯誤の対朝鮮敵視政策と無分別な核戦争策動によってわれわれの自主権と生存権、発展権を抹殺し、全朝鮮を支配するために狂奔する極悪非道な侵略勢力である」と述べた。

さらに、「悲劇は、南朝鮮のかいらいが米国に対する幻想からなかなか目覚められず、上司を後ろ盾にして無分別に振る舞っていることである」と韓国を非難した。

その上で、「米国と結託して北侵戦争挑発策動に狂奔する平和の破壊者としてのかいらい好戦狂らの正体は覆い隠せない」とし、「われわれは平和を誰よりも愛するが、平和を破壊して戦争策動に血眼になって狂奔する挑発者、侵略者をいささかも許さない」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 平和の破壊者としての米国と南朝鮮好戦狂の正体は覆い隠せない

【平壌11月13日発朝鮮中央通信】13日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、今、米国と南朝鮮のかいらいが「北の核脅威」と「挑発」を唱えてわれわれに悪らつに言い掛かりをつけていることについて糾弾した。

同紙は、これはわが共和国に緊張激化の責任を転嫁して「脅威」と「挑発」に備えるという口実の下で北侵核戦争挑発策動を合理化し、よりいっそう強めるための破廉恥な術策であると明らかにした。

また、朝鮮半島と地域の平和と安全を破壊して核戦争の危険を高調させる挑発者、侵略者は他ならぬ米国と南朝鮮のかいらいであると暴き、次のように強調した。

米国こそ、時代錯誤の対朝鮮敵視政策と無分別な核戦争策動によってわれわれの自主権と生存権、発展権を抹殺し、全朝鮮を支配するために狂奔する極悪非道な侵略勢力である。

米国がわれわれを武力でもって圧殺するために軍事的対決騒動に狂奔するのは、自滅を促す愚行である。

悲劇は、南朝鮮のかいらいが米国に対する幻想からなかなか目覚められず、上司を後ろ盾にして無分別に振る舞っていることである。

米国と結託して北侵戦争挑発策動に狂奔する平和の破壊者としてのかいらい好戦狂らの正体は覆い隠せない。

米国とかいらいは、理性を取り戻して分別のある行動を取るべきである。

われわれは平和を誰よりも愛するが、平和を破壊して戦争策動に血眼になって狂奔する挑発者、侵略者をいささかも許さない。---

    関連記事