北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、「自主」と「自力更生」を強調する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。自力更生とは、外国に頼らずに自分たちの力で経済建設を行うというスローガンである。

論説は、「自主の原則があったのでわれわれは帝国主義反動層と支配主義者の反革命的攻勢と干渉策動をそのつど粉砕し、革命闘争の各歴史的段階で勝利の奇跡だけを生み出してきた」と述べた。

また、「わが人民は、事大と外部勢力依存は亡国の道であるということを歴史を通じて骨身にしみる教訓として体験した」と強調した。

さらに、「厳しくて壮大な闘争の中で成し遂げられた世紀的な変革と偉大な勝利は、自強力第一主義の旗印を高く掲げて自力更生の道に力強く前進するわが人民の行く手を誰も阻めないということを雄弁に示している」と主張した。

その上で、「延吉爆弾(注)から始まった自力更生の大進軍は、こんにちも続いている。自主の信念と自力更生の革命精神で武装したわが人民は、反帝・反米対決戦で必ず勝利するであろう」と述べている。

(注)延吉爆弾とは、金日成主席が抗日パルチザン活動を行っていた時期に、全て自前でつくられた手榴弾のこと。金日成氏によって延吉爆弾と名付けられたとされており、自力更生のスローガンを象徴する武器でもある。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮人民は反帝・反米対決戦で必ず勝利する

【平壌11月11日発朝鮮中央通信】11日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、朝鮮の軍隊と人民は自主の旗印、自力更生の旗印を高く掲げて偉大な朝鮮労働党の周りに一枚岩的に団結して力強く前進していると強調した。

同紙は、自主は社会主義朝鮮の百勝の歴史と伝統が宿っている勝利の旗印であるとし、自主の原則があったのでわれわれは帝国主義反動層と支配主義者の反革命的攻勢と干渉策動をそのつど粉砕し、革命闘争の各歴史的段階で勝利の奇跡だけを生み出してきたと明らかにし、次のように強調した。

わが人民は、事大と外部勢力依存は亡国の道であるということを歴史を通じて骨身にしみる教訓として体験した。

自力更生という偉大な創造と変革の力があったので、わが人民はこの地に自主、自立、自衛の社会主義強国をうち建てることができた。

厳しくて壮大な闘争の中で成し遂げられた世紀的な変革と偉大な勝利は、自強力第一主義の旗印を高く掲げて自力更生の道に力強く前進するわが人民の行く手を誰も阻めないということを雄弁に示している。

朝鮮革命の全行程で揺るぎなくはためかしてきた自主の旗印、自力更生の旗印はこんにち、朝鮮革命の陣頭にさらに力強くはためいている。

朝鮮革命の歴史が含蓄されている自主は朝鮮の生命であり、わが人民の絶対不変の革命信念、永遠の闘争方式である。

延吉爆弾から始まった自力更生の大進軍は、こんにちも続いている。

自主の信念と自力更生の革命精神で武装したわが人民は、反帝・反米対決戦で必ず勝利するであろう。---

    関連記事