また、「日本の反動層がそれにあおり立てて自分の利益をむさぼろうとしている」とし、「米国の戦争ヒステリーに便乗してそれから漁夫の利を得ようとする島国一族の狡猾な術策の発露である」した。

さらに、「日本の反動層がわれわれによる『脅威』について大げさにけん伝する裏面には、国民の間にわが共和国に対する憎悪の念を植えつけ、再侵略野望の実現に有利に使おうとする陰険な下心が潜んでいる」と非難した。

その上で、「日本の反動層があえて、わが国家の尊厳を冒とくし、米国の侵略の突撃隊として乗り出すなら、わが軍隊と人民は世紀をまたいで打ち固めてきた憎悪と憤怒を爆発させて朝鮮民族にあらゆる不幸と苦痛を被らせた罪悪の代価を必ず払わせるであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事