人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

つづけて、「トランプの軽挙妄動が、いつ核戦争を呼びつけるかも知れない現実を巡って米国社会はこれを必ず制止すべきだと認識している」と述べた。

さらに、「今、トランプの精神病的な行為によって米国内には極度の不安感が漂っている」とし、「トランプから武力使用権限を制限するからといって、老いぼれ狂人の狂気を制止させられるか」と問いかけた。

その上で、「より根本的な解決策は、『核ボタンを握った明白かつ現実的な危険存在』とらく印を押されたトランプを免職させ、米国の対朝鮮敵視政策を撤回することである。そうしなくては、米国と全世界が核戦争の悪夢から脱することができない」と忠告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事