北朝鮮の対韓国窓口団体・民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは3日、韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防相を非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、「最近、南朝鮮かいらい国防部長官の宋永武が直ちに戦争が起こるのではないかとひどく怖じ気づいている分際で、かいらい国会『国政』監査なる場でやたらに言い散らしたあげく、『北の崩壊』のほらまではばかることなく吹いた」と指摘した。

これに対して、「宋永武の妄言は共和国の尊厳と体制に対する我慢できない中傷、冒とくとして絶対に許されない」と糾弾した。

また、「これは結局、北南関係はどうなろうと、この地がまたもや残酷な戦乱に包まれ、民族の運命が屠戮にされても米国に頼って自分の汚らわしい命脈だけを維持すればよいという親米・事大売国奴の醜悪な本性を余すところなくさらけ出したことになる」と非難した。

さらに、「われわれはすでに、われわれの尊厳と体制に挑戦する者にどんな無慈悲な懲罰が与えられるかということについて明白に警告した」とし、「宋永武は汚らわしい口をむやみに動かした代価がどんなに凄惨で、過酷なものかを遠からずはっきりと知ることになるであろう」と強調した。

その上で、「現南朝鮮当局者もやはり、宋永武のような対決ならず者をかいらい国防部長官の座に就かせて口を極めて庇護してきた責任から絶対に逃れられない」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

民和協の代弁人 共和国の尊厳と体制を冒とくした南朝鮮のかいらい国防部長官を糾弾

【平壌11月3日発朝鮮中央通信】最近、南朝鮮かいらい国防部長官の宋永武が直ちに戦争が起こるのではないかとひどく怖じ気づいている分際で、かいらい国会「国政」監査なる場でやたらに言い散らしたあげく、「北の崩壊」のほらまではばかることなく吹いた。

民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは3日に発表した談話で、これは宋永武こそ同族に対する敵対感、「吸収統一」野望が骨髄に徹した毒々しい対決狂信者であるということをそのまま示していると暴いた。

スポークスマンは、宋永武の妄言は共和国の尊厳と体制に対する我慢できない中傷、冒とくとして絶対に許されないと糾弾した。

また、特に看過できないのは、北南関係が最悪の破局状態に瀕し、朝鮮半島情勢が一触即発の極悪な状況へ突っ走っている時に、かいらい軍部の首長なる者の口から危険極まりない挑発妄言が吐かれたことであるとし、次のように強調した。

これは結局、北南関係はどうなろうと、この地がまたもや残酷な戦乱に包まれ、民族の運命が屠戮(とりく)にされても米国に頼って自分の汚らわしい命脈だけを維持すればよいという親米・事大売国奴の醜悪な本性を余すところなくさらけ出したことになる。

われわれはすでに、われわれの尊厳と体制に挑戦する者にどんな無慈悲な懲罰が与えられるかということについて明白に警告した。

宋永武は汚らわしい口をむやみに動かした代価がどんなに凄惨で、過酷なものかを遠からずはっきりと知ることになるであろう。

現南朝鮮当局者もやはり、宋永武のような対決ならず者をかいらい国防部長官の座に就かせて口を極めて庇護(ひご)してきた責任から絶対に逃れられない。

南朝鮮当局は、全民族が自分らの態度を注視しているということを忘れてはならない。---

    関連記事