北朝鮮の教化所(刑務所)における人権侵害の実態を伝える報告書が、衛星写真とともに公開された。

26日に報告書を発表したのは、米国の人権団体「北朝鮮人権委員会」(HRNK)だ。報告書は、全国にある25ヶ所の教化所のGoogle Earthの衛星写真と、韓国の北韓人権情報センター(NKDB)や統一研究院が収監経験のある脱北者を対象に行なった聞き取り調査などで得られた情報を合わせて、教化所の人権状況の実態に迫ったものだ。

外国人も無慈悲に

例えば、平安南道(ピョンアンナムド)价川(ケチョン)の東の郊外にある1号教化所(价川収容所と呼ばれる14号管理所とは別の施設)については、30人以上の元収監者の証言と、衛星写真を照らし合わせて確認作業を行った。