北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は先月31日、日米韓を糾弾する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、先月23日にフィリピンで日本の小野寺五典防衛相、米国のマティス国防長官、韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防相が3カ国防衛相会談を行ったことに対して、「『北の核、ミサイル脅威』についてうんぬんし、上司らと共和国を害するための『共同対応方案』を謀議した」と指摘した。

また、3か国会談に先立ち、小野寺氏と宋氏が日韓防衛相会談を行い、「『北の核放棄』のための『制裁と圧迫を強化』すべきだと喧伝し、双方がより緊密に協力することをもくろんだ」と述べた。