北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、米国が「情勢を最悪の爆発ラインに追い込んでいる」とする論評を配信した。

論評は、10月中旬に歴代最大規模の米韓合同軍事演習が行われたとし、「最近はセオドア・ルーズベルトをはじめとする3つの原子力空母戦団が同時に共和国周辺水域に展開されている」と述べた。

また、「米空軍はグアムにB-1B核戦略爆撃機用爆弾など80余万発の各種の弾薬を追加搬入し、米陸軍もやはり、われわれとの大規模な地上戦を狙った地下作戦、市街戦演習に熱を上げながら戦争狂気を振るっている」と指摘した。