北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、米国が「情勢を最悪の爆発ラインに追い込んでいる」とする論評を配信した。

論評は、10月中旬に歴代最大規模の米韓合同軍事演習が行われたとし、「最近はセオドア・ルーズベルトをはじめとする3つの原子力空母戦団が同時に共和国周辺水域に展開されている」と述べた。

また、「米空軍はグアムにB-1B核戦略爆撃機用爆弾など80余万発の各種の弾薬を追加搬入し、米陸軍もやはり、われわれとの大規模な地上戦を狙った地下作戦、市街戦演習に熱を上げながら戦争狂気を振るっている」と指摘した。

こうした動きに対して、「朝鮮半島で果たして誰が誰を脅かしており、世界の平和と安定を破壊する張本人が誰なのかをはっきりと示している」と強調した。

つづけて、「トランプ一味の軍事的挑発策動はわれわれが並進路線を堅持して自衛的核抑止力を全面的に強化してきたことが至極正当であった」と核開発を正当化した。

その上で、「米国とその追随勢力の核威嚇と恐喝が続く限り、核戦力を中枢とする自衛的国防力と先制攻撃能力を引き続き強化しようとするわれわれの意志は確固たるものである」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「戦略武力の大集結」は何を示すか 朝鮮中央通信社論評

【平壌10月30日発朝鮮中央通信】米国が朝鮮半島と周辺に各種の最新核戦争装備を大々的に集結しながら、情勢を最悪の爆発ラインに追い込んでいる。

10月中旬、原子力空母ロナルド・レーガン打撃団と原潜、イージス駆逐艦など40隻余りの各種の戦闘艦船、戦闘機が動員された歴代最大規模の米国・南朝鮮連合海上訓練が強行されたのに続き、最近はセオドア・ルーズベルトをはじめとする3つの原子力空母戦団が同時に共和国周辺水域に展開されている。

これに先立って、米空軍はグアムにB1B核戦略爆撃機用爆弾など80余万発の各種の弾薬を追加搬入し、米陸軍もやはり、われわれとの大規模な地上戦を狙った地下作戦、市街戦演習に熱を上げながら戦争狂気を振るっている。

看過できないのは、これらの軍事的動きがトランプが朝鮮の「完全破壊」という史上最悪の宣戦布告をし、いわゆる「軍事的選択」についていっそう露骨にけん伝している中で繰り広げられていることである。

現事態は、朝鮮半島で果たして誰が誰を脅かしており、世界の平和と安定を破壊する張本人が誰なのかをはっきりと示している。

われわれの面前で日を追ってさらにヒステリックに強行されている米国の軍事的妄動は情勢の安定を願う国際社会の一念を踏みにじり、われわれをしてやむなく行動せざるを得なくしている。

地球上にわが国ほど米国の威嚇をそれほど劇甚に、直接的に、長期間にわたって受けている国はないであろう。

こんにち、時々刻々エスカレートするトランプ一味の軍事的挑発策動はわれわれが並進路線を堅持して自衛的核抑止力を全面的に強化してきたことが至極正当であったし、今後も最後までこの道に疾走しなければならないということを再び痛感するようにしている。

米国の対朝鮮専門家らとCNN、CBS放送、「USAトゥデー」紙など主要メディアも、「トランプ行政府の重なる威嚇は北朝鮮をして核弾頭とその運搬手段を保有していることが正当であるということをさらに確信するようにしている」と認めている。

にもかかわらず、戦争狂信者らは自分らの対策のない空威張りが自ら朝鮮の核保有の当為性を浮き彫りにさせるまたとない「立派な宣伝」になっているということを今まで悟れずにいる。

米国は、結果について熟考すべきである。

米国とその追随勢力の核威嚇と恐喝が続く限り、核戦力を中枢とする自衛的国防力と先制攻撃能力を引き続き強化しようとするわれわれの意志は確固たるものである。---

    関連記事