北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会(ア太委)のスポークスマンは28日、安倍晋三首相率いる与党・自民党が先の衆院選で「『北の核威嚇論』と『日本人拉致問題』の解決を前例なく大げさにけん伝してヒステリックな反共和国対決騒動を起こした」とする談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、「反共和国謀略騒動を起こして内外の世論をまどわし、それを悪用して権力を維持するのは卑劣でずる賢い日本反動層の常套的手口だ」と指摘した。

また、「全日本列島を『北の脅威』という反共和国茶番劇の場につくって民心を欺まん、愚弄した安倍一味こそ、自分らの政治的野望を実現するためなら何もためらわない最も邪悪で卑劣な奸商である」と非難した。