また、「南朝鮮の人民は、自分らの生命と安全を守るためにも思想と政見、主義・主張の差を超越して反米・反戦、平和守護闘争に大衆的に立ち上がらなければならない」と主張した。

その上で、「米帝侵略軍が南朝鮮に駐屯する限り、戦争の危険は解消されない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事