北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は23日、米国が「朝鮮半島で核戦争騒動にいっそう狂奔している」と糾弾する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「尋常ならぬ軍事的動きはトランプが吐いた共和国の『完全破壊』という妄言が老いぼれ精神病者の即興的言動ではなく、米国の対朝鮮敵視政策の発露であり、それが威嚇・恐喝の段階を超えて無謀な行動の段階に入ったということを示唆している」と述べた。

つづけて、「そのようなアメリカ式虚勢が他国には通じるかも知れないが、わが国家には絶対に通じない。米国の歴代大統領はわが国を圧殺するためにさまざまな策動をしたが失敗を免れられなかった」と強調した。

さらに、「トランプの連中が核戦略資産などを引き込みながら誰それを驚かしてみようとしても、わが人民はびくともしない」と主張した。

その上で、「米国は、もし、チュチェ朝鮮に手出しする場合、自分の存在を維持することができるのかを慎重に考えてみなければならない」と忠告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮にはアメリカ式虚勢が絶対に通じない

【平壌10月23日発朝鮮中央通信】23日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、トランプが国連舞台で共和国を「完全破壊」すると狂態を振るった後、米好戦狂らは朝鮮半島で核戦争騒動にいっそう狂奔していると暴露、糾弾した。

論説は、尋常ならぬ軍事的動きはトランプが吐いた共和国の「完全破壊」という妄言が老いぼれ精神病者の即興的言動ではなく、米国の対朝鮮敵視政策の発露であり、それが威嚇・恐喝の段階を超えて無謀な行動の段階に入ったということを示唆していると明らかにした。

論説は、力の弱い他国に核兵器を振り回して恐怖感を醸成して気をくじき、侵略するのは米国の常套的な手口であるとし、次のように強調した。

そのようなアメリカ式虚勢が他国には通じるかも知れないが、わが国家には絶対に通じない。

米国の歴代大統領はわが国を圧殺するためにさまざまな策動をしたが失敗を免れられなかった。

なぜか。相手を見誤ったからだ。

政治門外漢であり、精神病者とらく印が押されたトランプが権力の座についた後、米国は最大の圧迫に執着している。

相手を知らなくてもあまりにも知らない虚勢、空威張りであった。

トランプの連中が核戦略資産などを引き込みながら誰それを驚かしてみようとしても、わが人民はびくともしない。

いくら虚勢を張るのを好む米国であっても、自分の境遇を知って挑むべきである。

米国は、もし、チュチェ朝鮮に手出しする場合、自分の存在を維持することができるのかを慎重に考えてみなければならない。---

    関連記事