人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

「労働新聞」 核戦争の導火線に火をつけようとする米国の妄動を糾弾

【平壌10月20日発朝鮮中央通信】米国が南朝鮮かいらいと結託して朝鮮半島水域で共和国を狙った「高強度連合訓練」なるものをついに開始した。

20日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは爆発直前にある朝鮮半島でなんとしても核戦争の導火線に火をつけようとする危険極まりない妄動であると糾弾した。

論評は、朝鮮半島で時々刻々核戦争の危険を増大させている張本人はまさに、米国だとし、次のように指摘した。

米帝は膨大な兵力と核戦略資産を動員して訓練を行い、いったん機会だけ生じればすでに作成しておいた作戦計画に従って任意の時刻にわが共和国に反対する全面戦争の火をつけようとしている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

    関連記事