北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は20日、米韓合同軍事演習を非難する署名入りの論評を配信した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米韓両海軍は16日から、朝鮮半島近海で合同軍事演習を開始。米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」とイージス駆逐艦など40隻以上の艦艇が参加するという。

(関連記事:米空母「ロナルド・レーガン」が朝鮮半島近海へ…今月中旬

演習に対して論評は「爆発直前にある朝鮮半島でなんとしても核戦争の導火線に火をつけようとする危険極まりない妄動である」と糾弾した。