北朝鮮の対韓国窓口団体である民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは14日、韓国が「『吸収統一』のほらを吹きながら無分別に振る舞っている」と糾弾する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、韓国大法院(最高裁判所)が、吸収統一を前提に「北の司法機関は体制を守るうえで中核的役割を果たしているので、今からこれらに対する『処理問題』を研究すべき」「『北政権の弾圧対象となった法関係者らを復権および再任命』する問題、北地域の司法機関に必要な人員を派遣する問題などに研究の焦点を置く」と述べたと指摘した。

これに対して、「共和国に対するもう一つの許せない政治的挑発」と非難した。

また、「いまだに『吸収統一』の迷夢から覚められない現執権一味の振る舞いこそ、あまりにも醜く、きわめて哀れである」と文在寅政権を嘲笑した。

さらに、「もし、かいらい一味があえてわれわれをどうにかしてみようと動くなら、すでに闡明した通りに反米対決戦の総決算のために強固に打ち固めてきた強力で威力ある革命武力で同族対決の悪循環に完全に終止符を打つであろう」と強調した。

その上で、「わが司法機関は、米国の植民地支配政策実現の手先となって南朝鮮で親米・事大と同族対決、反民主的な悪法をつくり上げ、その執行の突撃隊に乗り出して無分別にのさばっているかいらい司法当局の悪質な分子らを一人残らず掌握してわが法によって容赦なく処理するであろう」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

民和協の代弁人 「吸収統一」の妄想をする南朝鮮のかいらいに与えられるものは破滅だけだ

【平壌10月14日発朝鮮中央通信】民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは最近、南朝鮮のかいらいがいわゆる「吸収統一」のほらを吹きながら無分別に振る舞っていることに関連して14日、それを糾弾する談話を発表した。

先日、かいらい司法機関である「大法院」の連中は北の司法機関は体制を守るうえで中核的役割を果たしているので、今からこれらに対する「処理問題」を研究すべきであると唱えながら「吸収統一」以後「北法官の再任命審査委員会」なるものを設ける問題、調査で通過したメンバーを「教育」させて「統一司法部に吸収」する問題、「北政権の弾圧対象となった法関係者らを復権および再任命」する問題、北地域の司法機関に必要な人員を派遣する問題などに研究の焦点を置くという寝言のようなことを並べ立てた。

談話は、これを共和国に対するもう一つの許せない政治的挑発とらく印を押した。

また、今、南朝鮮の現当局者らが折に触れ、いわゆる「キャンドル政権」と自称しながらキャンドル民心をうんぬんしているが、実際にはそれと正反対の道を歩んでいると暴露した。

そして、歴代に南朝鮮で全同胞が一様に念願する民族の真の和解と団結に顔を背けて「自由民主主義体制下の統一」の妄想を追求していた者らは例外なく最も悲惨で凄絶(せいぜつ)な終えんを告げたと明らかにした。

談話は、現実がこうであるにもかかわらず、いまだに「吸収統一」の迷夢から覚められない現執権一味の振る舞いこそ、あまりにも醜く、きわめて哀れであると嘲笑(ちょうしょう)し、次のように強調した。

われわれは、国の統一問題を平和的方法で解決することを一貫して主張しているが、もし、かいらい一味があえてわれわれをどうにかしてみようと動くなら、すでに闡明(せんめい)した通りに反米対決戦の総決算のために強固に打ち固めてきた強力で威力ある革命武力で同族対決の悪循環に完全に終止符を打つであろう。

これとともに、いつになっても実現しない「吸収統一」の妄想をしながら裏部屋でわが司法機関メンバーの「処理問題」などを考案する間抜けをはじめとする民族反逆者らの罪科をはっきりと計算し、必ずその代価を払わせるであろう。

特にわが司法機関は、米国の植民地支配政策実現の手先となって南朝鮮で親米・事大と同族対決、反民主的な悪法をつくり上げ、その執行の突撃隊に乗り出して無分別にのさばっているかいらい司法当局の悪質な分子らを一人残らず掌握してわが法によって容赦なく処理するであろう。---

    関連記事