北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は13日、トランプ米政権を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「米国が朝鮮東海で原子力空母ロナルド・レーガンとイージス駆逐艦、ミサイル巡洋艦、核ミサイルを搭載したオハイオ級の戦略原子力潜水艦などで構成された打撃集団を動員してわれわれを狙った『高強度連合訓練』を行おうとする時に、小型戦術核兵器の導入を検討している」と指摘した。

つづけて、「これはわが国家を『完全破壊』し、共和国の人口を絶滅させるための核戦争をなんとしても挑発しようとする腹黒い下心の発露だ」と非難した。

また、「今、朝鮮半島情勢は核戦争勃発の入り口にあり、どの瞬間に核戦争の火花が散るか誰も知らない状態だ」とし、「米国がわが国家の存在そのものを否定し、力でわが共和国をなくそうと襲い掛かる以上、対応措置は不可避である」と主張した。

その上で、「侵略戦争には正義の戦争で応え、敵が刀を抜けば長剣を振りかざし、銃を向ければ大砲を突きつけるのがわが軍隊と人民の変わらない立場であり、徹底した対応方式である」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 共和国に対する軍事的賭博が米国の完全破壊につながりかねない

【平壌10月13日発朝鮮中央通信】米国のトランプ行政府が朝鮮の核施設を破壊するための小型戦術核兵器の導入を検討しているという。

問題は、米国が朝鮮東海で原子力空母ロナルド・レーガンとイージス駆逐艦、ミサイル巡洋艦、核ミサイルを搭載したオハイオ級の戦略原子力潜水艦などで構成された打撃集団を動員してわれわれを狙った「高強度連合訓練」を行おうとする時に、小型戦術核兵器の導入を検討していることである。

13日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これはわが国家を「完全破壊」し、共和国の人口を絶滅させるための核戦争をなんとしても挑発しようとする腹黒い下心の発露だと暴露した。

論評は、今、朝鮮半島情勢は核戦争勃発(ぼっぱつ)の入り口にあり、どの瞬間に核戦争の火花が散るか誰も知らない状態だとし、次のように警告した。

トランプ一味はわが共和国に対する核攻撃企図が米国にどんなに悲惨な結果をもたらすかを慎重に考えるべきである。

朝米間の力の構図は、1950年代の朝鮮戦争の時と根本的に異なる。

今は、わが国家に対する無謀な軍事的賭博が米国の完全破壊につながりかねない。

米国がわが国家の存在そのものを否定し、力でわが共和国をなくそうと襲い掛かる以上、対応措置は不可避である。

侵略戦争には正義の戦争で応え、敵が刀を抜けば長剣を振りかざし、銃を向ければ大砲を突きつけるのがわが軍隊と人民の変わらない立場であり、徹底した対応方式である。---

    関連記事