北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、韓国政府が「反共和国『人権』騒動を起こして無分別に振舞っている」と非難する論評を配信した。

論評は、韓国の統一省が「『北人権増進基本計画』に伴う『2017年度執行計画』なるものを樹立し、『北住民の自由権と社会権を統合的に改善して北の人権を実質的に増進』するための7つの『力点推進課題』なるものまで反映した」と指摘した。

つづけて、「米国と南朝鮮のかいらいがけん伝する『人権』謀略騒動は、『北の核脅威』と共に反共和国圧殺のための2大軸を成している」と指摘した。

また、「結局、かいらいの反共和国『人権』謀略騒動の終着点が『体制転覆』『体制統一』であり、『北人権増進基本計画』なるものは『人権』のベールをかぶったもう一つの体制対決計画であるということを実証している」と述べた。

そのうえで、「南朝鮮でかいらい政権が交替したとはいうが、人権の不毛の地としての汚名は今もすすげずにいる」とし、「わが女性公民らを集団的に誘引、拉致した朴槿恵一味の極悪な反人倫的犯罪を庇護し、彼女らを強圧的方法で抑留してみようと稚拙な謀略までめぐらして狂奔したのがまさに、現南朝鮮当局である」と文在寅政権を非難した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「人権」のベールをかぶった体制対決妄動 朝鮮中央通信社論評

【平壌10月10日発朝鮮中央通信】南朝鮮のかいらいが、反共和国「人権」騒動を起こして無分別に振舞っている。

最近、かいらい統一部は「北人権増進基本計画」に伴う「2017年度執行計画」なるものを樹立し、「北住民の自由権と社会権を統合的に改善して北の人権を実質的に増進」するための7つの「力点推進課題」なるものまで反映したという。

かいらいのヒステリーは、尊厳あるわが共和国に対する重大な挑戦であり、許せない体制対決妄動である。

今、南朝鮮のかいらいは米国の犬になって核戦争の挑発と制裁策動に便乗したあげく、「人権」謀略騒動まで起こして罪悪に罪悪を上塗りしている。

米国と南朝鮮のかいらいがけん伝する「人権」謀略騒動は、「北の核脅威」と共に反共和国圧殺のための2大軸を成している。

結局、かいらいの反共和国「人権」謀略騒動の終着点が「体制転覆」「体制統一」であり、「北人権増進基本計画」なるものは「人権」のベールをかぶったもう一つの体制対決計画であるということを実証している。

現南朝鮮当局とかいらい統一部の振る舞いこそ、同族対決に狂奔した李明博、朴槿恵一味の反民族的犯罪と少しも異なるものがない。

かいらいは、同族に言い掛かりをつける前に自国内の問題から解決すべきである。

事実上、南朝鮮でかいらい政権が交替したとはいうが、人権の不毛の地としての汚名は今もすすげずにいる。

米国の核戦争怪物である「THAAD」の配備を阻んだ住民の正義の闘争を数千人のごろつきのような警察を駆り出して野獣のように弾圧し、かいらい軍上層部の連中が兵士を奴隷のようにこき使うなど、惨たらしい人権蹂躙(じゅうりん)犯罪行為が次々と暴露されて世界を驚愕させている所がまさに、南朝鮮である。

特に、わが女性公民らを集団的に誘引、拉致した朴槿恵一味の極悪な反人倫的犯罪を庇護(ひご)し、彼女らを強圧的方法で抑留してみようと稚拙な謀略までめぐらして狂奔したのがまさに、現南朝鮮当局である。

われわれの尊厳と体制を害するために狂奔する者は当然、わが軍隊と人民の第一の標的になるだけである。

南朝鮮のかいらいは、わが制度をどうにかしてみようとする愚かな妄想をしてはいけない。---

    関連記事