北朝鮮の朝鮮中央通信は2日、安倍晋三首相をはじめとする日本の政府当局者らを厳しく非難する論評を配信した。

論評は、安倍氏が「『対話ではなく、圧力が必要だ』などと一場の演説をした、各国の首脳に会って『国際社会の連携』を鼓吹しながら国連の舞台を奔走した」と指摘した。

また、河野太郎外相が「対朝鮮圧迫共助を哀願する醜態を演じて世人の嘲笑を買っている」と述べた。