北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は1日、日本が107年前の10月1日から朝鮮半島に対して「極悪な中世的恐怖政治である武断統治を実施した」と非難する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、日本が1910年10月1日に韓国統監府を朝鮮総督府に改組したことについて「看板を変えて史上類例のない植民地支配を実施し始めた」と述べた。

また、朝鮮総督府は「朝鮮人民の反日意識を骨抜きにして自分らの植民地支配を維持する目的で憲兵警察制度をつくり上げた後、それに基づいて極悪な中世的恐怖政治である武断統治を実施した」と指摘した。

つづけて、「手段と方法の限りを尽くして朝鮮民族を完全に抹殺するための日帝の悪らつな策動は、侵略戦争が拡大し、自分らの敗北が近づくにつれていっそう狂気を帯びて強行された」と非難した。

さらに、「数多くの青壮年が徴用、徴兵によって侵略戦場に連れて行かれ、20万人の朝鮮女性が性奴隷生活を強いられざるを得なかった」と述べた。

その上で、「日本の反動層が過去の罪悪に対して誠実に認めて反省する代わりに、むしろ厳然たる歴史的事実を否認して美化粉飾しながらその責任から逃れようとやっきになっている」とし、「朝鮮人民は日帝の過去の罪悪に破廉恥かつ卑劣な日本反動層の罪まで合わせて全ての代償を必ず払わせる」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」朝鮮人民は日本反動層の罪悪の代償を必ず払わせる

【平壌10月1日発朝鮮中央通信】1日付の「労働新聞」は、日帝が「朝鮮統監府」を「朝鮮総督府」にその看板を変えて史上類例のない植民地支配を実施し始めた時から107年になることで、署名入りの論説を掲載した。

同紙は、「朝鮮総督府」は朝鮮人民を政治的に抑圧する暴圧機構であったばかりか、軍事的強権に依拠して朝鮮の基本経済命脈を支配するための強盗さながらの経済的略奪機構であったし、民族教育と民族文化を抹殺するための弾圧機構であったと暴露し、次のように強調した。

「朝鮮総督府」は初期、朝鮮人民の反日意識を骨抜きにして自分らの植民地支配を維持する目的で憲兵警察制度をつくり上げた後、それに基づいて極悪な中世的恐怖政治である武断統治を実施した。

手段と方法の限りを尽くして朝鮮民族を完全に抹殺するための日帝の悪らつな策動は、侵略戦争が拡大し、自分らの敗北が近づくにつれていっそう狂気を帯びて強行された。

欺まん的な「同祖同根」「内鮮一体」のスローガンを掲げて「皇国臣民化」政策を強行し、しまいには朝鮮人の姓と名前、言葉と文字までなくしてしまおうと狂奔した。

数多くの青壮年が徴用、徴兵によって侵略戦場に連れて行かれ、20万人の朝鮮女性が性奴隷生活を強いられざるを得なかった。

同紙は、こんにち日本の反動層が過去の罪悪に対して誠実に認めて反省する代わりに、むしろ厳然たる歴史的事実を否認して美化粉飾しながらその責任から逃れようとやっきになっているとし、朝鮮人民は日帝の過去の罪悪に破廉恥かつ卑劣な日本反動層の罪まで合わせて全ての代償を必ず払わせると強調した。---

    関連記事