北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は1日、署名入りの論説で米国が「軍事的対決の道へ疾走している」と非難した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「反共和国圧殺策動に狂った米国の戦争狂信者らが共和国に対する『軍事的対応案』なるものを再び持ち出して虚勢を張っている」と指摘した。

つづけて、「共和国に反対する米国の軍事的対決騒動はチュチェ朝鮮の威厳のある前進に怖じ気づいた者の断末魔のあがき、臨終を控えた者のヒステリーにすぎない」と主張した。