北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、勲功国家合唱団、モランボン楽団、ワンジェサン芸術団の音楽舞踊総合公演が咸鏡南道(ハムギョンナムド)の咸興(ハムン)市で行われ、連日盛況を呈していると伝えた。

勲功国家合唱団、モランボン楽団、ワンジェサン芸術団の音楽舞踊総合公演(2017年9月29日付労働新聞より)
勲功国家合唱団、モランボン楽団、ワンジェサン芸術団の音楽舞踊総合公演(2017年9月29日付労働新聞より)

同通信によると、咸鏡南道内の主要工場の労働者、技術者、活動家と各階層の人々、青年学生が公演を鑑賞したという。

公演では、「母なる党にささげる歌」「党があるので」「父親と呼びます」「祖国と私」「ピョンヤンがいちばんだ」「死すとも革命信念捨てるまじ」「あなたなしには生きられない」「これ見よがしに」「駆けていこう未来へ」「青春時代」「進め朝鮮 並進前へ」「社会主義一筋に」「とわにこの道を行かん」「ひとすじ道をゆく」などの演目が披露された。

同通信は、出演者が「朝鮮労働党にささげる人民の栄光を芸術的形象で格調高く謳歌した」「朝鮮労働党に従って社会主義偉業の勝利に向けて真っ直ぐに進むという千万軍民の信念と意志を示した」と評した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

勲功国家合唱団、モランボン楽団、ワンジェサン芸術団が咸興市で連日公演

【平壌9月29日発朝鮮中央通信】咸鏡南道の咸興で初の幕を上げた勲功国家合唱団、モランボン楽団、ワンジェサン芸術団の音楽舞踊総合公演が咸興大劇場で連日、盛況を呈して行われている。

咸鏡南道内の主要工場・企業所の労働者、技術者、活動家と各階層の人々、青年学生が公演を鑑賞した。

男声独唱と男声合唱「母なる党にささげる歌」、軽音楽と歌謡メドレー「党があるので」で出演者は、朝鮮労働党にささげる人民の栄光を芸術的形象で格調高く謳歌した。

最高指導者金正恩委員長への感謝の念を熱く噴出させながら、女声独唱「父親と呼びます」の切々たるメロディーが場内に響き渡った。

女声重唱「祖国と私」、軽音楽「ピョンヤンがいちばんだ」、女声重唱と男声合唱「死すとも革命信念捨てるまじ」、混声重唱と男声合唱「あなたなしには生きられない」、歌舞「これ見よがしに」、舞踊「駆けていこう未来へ」、タップダンス「青春時代」をはじめとする演目が舞台に上がった。

男声独唱と男声合唱「進め朝鮮 並進前へ」、男声3重唱と男声合唱「社会主義一筋に」、管弦楽と男声合唱「とわにこの道を行かん」「ひとすじ道をゆく」で出演者は、朝鮮労働党に従って社会主義偉業の勝利に向けて真っ直ぐに進むという千万軍民の信念と意志を示した。

公演は、観客の絶賛を博した。

公演は、続く。---

    関連記事