韓国で非合法団体とされている反帝民族民主戦線(反帝民戦)中央委員会が28日、トランプ米大統領を糾弾する弾劾文を発表した。朝鮮中央通信が同日、伝えた。

同通信によると、弾劾文は「この地が前代未聞の『北完全破壊』をうんぬんして全民族を対象に許せない侵略戦争を挑発しようとする米国のトランプに対する国民的憤怒で沸き返っている」と述べた。

また、「トランプの狂態は、ヒトラーとムッソリーニ、ニクソンとブッシュなど悪名をとどろかした古今東西の政治ごろつきを顔負けさせる醜態の極致である」と非難した。

つづけて、「問題の危険さは、トランプが国連舞台で言い散らした『完全破壊』『粉みじん』などの妄言が老いぼれ精神病者の即興的言動ではなく、米政府の『対北政策』、対『韓』半島政策を濾過せず表出したことだというところにある」と指摘した。

さらに、「『韓』半島と『韓』民族をこの地球上からなくしてしまうというトランプごろつきの群れとそれにこびへつらう現当局の何の目当てもない親米屈従行為は、間もなく迫ってくる核戦争の残酷な災難を予感させている」と、韓国文在寅政権を非難した。

その上で、「トランプの妄言を通じてあらわになった米国の『韓』半島焦土化戦略の腹黒い下心をはっきり知って、米国を排斥して米軍基地を撤廃し、米軍を追い出すための汎国民的闘争を苛烈に展開しなければならない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

反帝民戦中央委が狂人ほらを吹いた米国執権者を糾弾して弾劾文を発表

【平壌9月28日発朝鮮中央通信】反帝民族民主戦線(反帝民戦)中央委員会が、国連総会の舞台でわが国家を「完全破壊」すると狂人ほらを吹いた米国執権者を糾弾して28日、弾劾文を発表した。

弾劾文は、今、この地が前代未聞の「北完全破壊」をうんぬんして全民族を対象に許せない侵略戦争を挑発しようとする米国のトランプに対する国民的憤怒で沸き返っていることについて明らかにした。

また、世界の平和と安全を論じるという国連舞台で主権国家である北の名声と戦略的地位を崩そうと狂犬のように吠え立てたトランプの暴言を天人共に激怒する妄言に、北だけでなく「韓」半島全体を完全に焦土化し、朝鮮民族を全滅させようとする大殺りく戦宣言とらく印を押し、全国民の名でしゅん烈に糾弾し、次のように強調した。

自称「超大国」の権力者としての初歩的な論理と体裁をことごとく投げ捨てたトランプの狂態は、ヒトラーとムッソリーニ、ニクソンとブッシュなど悪名をとどろかした古今東西の政治ごろつきを顔負けさせる醜態の極致である。

問題の危険さは、トランプが国連舞台で言い散らした「完全破壊」「粉みじん」などの妄言が老いぼれ精神病者の即興的言動ではなく、米政府の「対北政策」、対「韓」半島政策を濾過せず表出したことだというところにある。

トランプの「完全破壊」暴言は単に、北に対する米国の敵視政策、北の住民に対する米国の大殺りく企図だけではない。

わが国民みんなに対する殺りくとこの領土全域に対する焦土化計画である。

米国の利益のためなら、わが国民、わが民族、わが地がそっくりなくなってもいいというのがトランプ悪党の内心、米国の政策である。

「韓」半島と「韓」民族をこの地球上からなくしてしまうというトランプごろつきの群れとそれにこびへつらう現当局の何の目当てもない親米屈従行為は、間もなく迫ってくる核戦争の残酷な災難を予感させている。

今、わが国民は米国のひずめに踏みにじられているにもかかわらず、最悪の戦争の危険、極端な絶滅の危機に瀕するようになった。

全国民は、トランプの妄動を強力に弾劾し、米国の北侵戦争策動を断固と粉砕するための聖戦にこぞって奮起すべきである。

トランプの妄言を通じてあらわになった米国の「韓」半島焦土化戦略の腹黒い下心をはっきり知って、米国を排斥して米軍基地を撤廃し、米軍を追い出すための汎国民的闘争を苛烈に展開しなければならない。

弾劾文は、全国民が一致団結して侵略者と売国奴を一掃し、反米総決戦の最後の勝利をもたらそうと呼びかけた。---

    関連記事