北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は27日、トランプ米大統領が「われわれの最も神聖な最高の尊厳を謗って『政権交替』をうんぬんしたあげく、国家の『完全破壊』を言い散らした」と糾弾する署名入りの論評を掲載した。朝鮮中央通信が27日、伝えた。

論評は、「共和国は威嚇という一言で膝を屈し、一度叩けば倒れる国ではなく、水爆、大陸間弾道ロケットと戦略潜水艦弾道弾を保有した世界的な軍事強国だ」と主張した。

また、「トランプの狂態は、わが共和国の核保有が米国とその追随勢力が言い散らす『世界的な威嚇と挑発』ではなく、米国の強権と専横から国の自主権と民族の生存権を守るための正々堂々たる自衛的選択であったということを反証している」と指摘した。

その上で、「トランプは、狂った妄言でわれわれに宣戦布告をした。わが軍隊と人民は、老いぼれ狂人が吐いた妄言の代価を必ず払わせるであろう」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 トランプが吐いた妄言の代価を必ず払わせる

【平壌9月27日発朝鮮中央通信】27日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、一時は一度だけ信じてくれとして朝鮮の超強硬対応を静めてみようと哀願していたトランプがわれわれの最も神聖な最高の尊厳を謗って「政権交替」をうんぬんしたあげく、国家の「完全破壊」を言い散らしたことについて糾弾した。

同紙は、大統領になった後、まともな対外政策一つ打ち出せず、折に触れ、他国に対する軍事的選択を唱えながら世界をいっそう騒々しくつくったのがトランプだと暴いた。

そして、今回トランプが共和国を相手にして吐いた妄言もそのような思考の延長だと主張した。

続けて、共和国は威嚇という一言で膝を屈し、一度叩けば倒れる国ではなく、水爆、大陸間弾道ロケットと戦略潜水艦弾道弾を保有した世界的な軍事強国だとし、次のように強調した。

トランプの狂態は、わが共和国の核保有が米国とその追随勢力が言い散らす「世界的な威嚇と挑発」ではなく、米国の強権と専横から国の自主権と民族の生存権を守るための正々堂々たる自衛的選択であったということを反証している。

トランプは、狂った妄言でわれわれに宣戦布告をした。

わが軍隊と人民は、老いぼれ狂人が吐いた妄言の代価を必ず払わせるであろう。---

    関連記事