北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は24日、安倍政権の改憲を目指す動きを非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、自民党の石破茂元幹事長が、憲法に自衛隊の存在を明記しなければならないと述べたことや、高村正彦副総裁が来年の通常国会で憲法改正の発議をめざす考えを示したことに対して、「憲法改正に浮ついた安倍政権の心理をそのまま反映している」と指摘した。

また、「2020年には改正された憲法を施行するという『憲法改正時間表』まで作成しておいた状態である。この『時間表』を延期しないために安倍政権は自民党の憲法改正案を憲法審査会に提出する、各党と論議を行うとして騒ぎ立てている」と非難した。

さらに、「憲法改正を通じて『自衛隊』に侵略武力としての完全な合法的地位を付与しようとしている」と述べた。

その上で、「『平和憲法』をまな板にのせて再侵略の刃を研ぐ日本反動層の妄動は、安倍政権がどんなに軍国主義復活、海外侵略野望実現の策動に狂って狂奔するのかということを如実に証明している」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 「平和憲法」を一日も早く改正しようとする日本の腹黒い下心を暴露

【平壌9月24日発朝鮮中央通信】先日、元自民党幹事長の石破が憲法第9条第2項を改正して「自衛隊」の存在を明らかにしなければならないと強調したかとすれば、自民党副総裁の高村は記者団に来年の通常国会で憲法改正案を提示しようとする見解を表した。

24日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは憲法改正に浮ついた安倍政権の心理をそのまま反映していると暴露した。

論評は、次のように指摘した。

安倍政権は来年の通常国会で憲法改正案を提示し、2020年には改正された憲法を施行するという「憲法改正時間表」まで作成しておいた状態である。

この「時間表」を延期しないために安倍政権は自民党の憲法改正案を憲法審査会に提出する、各党と論議を行うとして騒ぎ立てている。

ではなぜ、安倍政権が「平和憲法」を一日も早く改正するためにそれほどやっきになっているのかということである。

一言で言って、「平和憲法」が軍国主義復活、海外侵略野望の実現へと疾走する戦争馬車にブレーキ的役割をしているためである。

このブレーキを一日も早くなくして日本を意のままに侵略戦争をする国につくろうとするのが安倍政権の野望である。

憲法改正の主要項目である「自衛隊」の存在明記だけ挙げてみよう。

憲法第9条によって日本は戦争ができず、陸・海・空軍とその他の戦闘力を保有できなくなっている。

憲法改正を通じて「自衛隊」に侵略武力としての完全な合法的地位を付与しようとしている。

「平和憲法」をまな板にのせて再侵略の刃を研ぐ日本反動層の妄動は、安倍政権がどんなに軍国主義復活、海外侵略野望実現の策動に狂って狂奔するのかということを如実に証明している。---

    関連記事