北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は21日、署名入りの論評で日本の憲法改正をめぐる動きを非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、自民党の石破茂元幹事長がある講演で「憲法に『自衛隊』の存在を明記しなければならないと強弁を張った」と述べた。

また、「今、日本の政界は極度に反動化、右翼化されて民心にあくまで逆行し、『平和憲法』を戦争憲法につくろうとしている」と指摘した。

    関連記事