北朝鮮の朝鮮中央通信は19日、韓国の文在寅大統領を「かいらい当局者」呼ばわりし、非難する論評を配信した。

論評は、文氏が「頻繁に安倍と通話を行って『深い共感と懸念』だの、『隣の国家に対する暴挙』だのと言いながら『対北圧迫を極限まで高めなければならない』と言いふらした」と非難した。

また、「共和国核戦力の打撃圏内で呼吸もまともにできない島国、自分らの境遇より別にましなことがない日本にあくまですがりつくのは実に見ものである」と述べた。