さらに、「米国が反共和国制裁騒動に執ように執着する理由は他にあるのではない。われわれの自主権と生存権、発展権を抹殺することによって自分らの対朝鮮圧殺野望をなんとしても実現してみようとするのが、米国が制裁騒動を通じて狙っているものである」と指摘した。

その上で、「わが軍隊と人民は今後も、並進の霊剣をしっかりとらえて最後の勝利を目指して怒涛のごとく突き進むことによって、米国と敵対勢力の反共和国圧殺野望を丸ごと粉砕するであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事