北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は17日、韓国の文在寅政権は「ヒステリックにのさばる間抜けな親米逆賊」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「共和国の核の雷鳴に完全に気が抜けてあわてふためいていた連中が国連安保理の『制裁決議』がつくり上げられるや否や、それをさまざまなほらでおだてながら『支持、歓迎』する劇を演じた格好は笑止千万である」と嘲笑した。

また、「われわれはかいらいの醜態を最後の滅亡を目前にした上司の終えんを少しでも遅らせてみようとする植民地忠犬のたわいないあがきにしか見ない」と述べた。

    関連記事