北朝鮮の対韓国窓口団体・民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは15日、韓国の文在寅政権の対北朝鮮政策を非難する談話を発表した。朝鮮中央通信が16日、伝えた。

スポークスマンは、「現南朝鮮当局の『対北政策』と言えば、『はっきりした目標もなく右往左往する政策』『上司の機嫌を取るための政策』『荒唐無稽で、せん越な主張が盛り込まれた政策』『民族の志向と要求に顔を背けた政策』などのあらゆる汚名がついている」と指摘した。