北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は13日、署名入りの論説で朝鮮半島で緊張状態が続くのは、米国の「侵略政策に起因する」と主張した。朝鮮中央通信が同日、伝えた。

論説は、「米国が南朝鮮を占領した時から今までしたこととは朝鮮半島の平和を脅かし、戦争の危険を増大させたことだけである」と指摘した。

また、「米帝侵略軍の南朝鮮占領は、朝鮮半島と北東アジア地域の平和と安定を破壊する主な根源になっている」と述べた。

さらに、「米国が南朝鮮で絶え間なく繰り広げる核戦争演習騒動によって、任意の時刻に核戦争が起こり得る超緊張状態が恒常的に醸成されている」と強調した。

その上で、「朝鮮半島の緊張緩和と平和保障は徹頭徹尾、南朝鮮から米軍を追い出すところにそのキーポイントがある」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 米帝の南朝鮮占領に一日も早くけりをつけることを主張

【平壌9月13日発朝鮮中央通信】13日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、朝鮮半島がこんにちのように恒常的な緊張状態から脱せずにいるのは全的に米帝の南朝鮮占領と侵略政策に起因すると主張した。

論説は、米国が南朝鮮を占領した時から今までしたこととは朝鮮半島の平和を脅かし、戦争の危険を増大させたことだけであるとし、次のように強調した。

米帝侵略軍の南朝鮮占領は、朝鮮半島と北東アジア地域の平和と安定を破壊する主な根源になっている。

米国は、南朝鮮に米軍を駐屯させたのが朝鮮半島での平和を保障するためのようにけん伝しているが、それは国際社会を欺まんするためである。

米国が南朝鮮で絶え間なく繰り広げる核戦争演習騒動によって、任意の時刻に核戦争が起こり得る超緊張状態が恒常的に醸成されている。

米国は、南朝鮮占領米帝侵略軍を永久駐屯させる企図を露骨にさらけ出して自主権実現のためのわが民族の闘争に正面切って挑戦している。

南朝鮮占領米軍は、あらゆる不幸と苦痛の禍根である。

歴史と現実は米帝こそ、わが民族にはかり知れない災難を浴びせかけ、わが国の平和と自主的統一を阻む不倶戴天の敵であるということをはっきりと示している。

北侵野望に狂った米国が任意の時刻に第2の朝鮮戦争の導火線に火をつけないという保証はどこにもない。

朝鮮半島の緊張緩和と平和保障は徹頭徹尾、南朝鮮から米軍を追い出すところにそのキーポイントがある。---

    関連記事