北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会のスポークスマンは7日、日米韓が北朝鮮の6回目の核実験を受けて、同国への圧力を強化する方向で一致していることを糾弾する声明を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

声明は、「米国をはじめとする敵対勢力はまたもや朝鮮の水爆実験の成功を平和と安全に対する『脅威』に、いわゆる国連『決議』に対する『挑戦』に言い掛かりをつけて新たな反共和国制裁と圧迫をもたらそうとあがいている」と非難した。

また、「その先頭に立って狂奔している日本の反動層と南朝鮮かいらいの醜態はとても見るにたえない程度である」と非難した。

その上で、次のような立場を明らかにした。

1.米国はチュチェ朝鮮の水爆保有で変わった相手の地位と重さを慎重に察して、これ以上対策のない空威張りをしてむやみに狂奔してはならない。

2.日本は自分の境遇をはっきり知り、これ以上米国の手足になって下品に振る舞ってはならない。

3.南朝鮮当局は握っているものもろくにない分際で、責任も持てない「強力な軍事的対応」を言いふらして無分別に振舞ってならない。

4.周辺諸国をはじめ世界は、朝鮮の核問題に対する正しい認識を持つべきである。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮ア太委代弁人 敵対勢力の新たな反共和国制裁・圧迫策動に対処した原則的な立場を闡明

【平壌9月7日発朝鮮中央通信】朝鮮アジア太平洋平和委員会(ア太委)のスポークスマンは敵対勢力の新たな反共和国制裁・圧迫策動を糾弾して7日、声明を発表した。

声明は、朝鮮の水爆実験の成功によって朝鮮半島をはじめとする極東地域とアジア太平洋地域で米国による核戦争の危険が大いに抑止され、世界の平和と安全を保障できる頼もしい保証がもたらされたのは世人が激賞すべき人類史的功績であると明らかにした。

にもかかわらず、米国をはじめとする敵対勢力はまたもや朝鮮の水爆実験の成功を平和と安全に対する「脅威」に、いわゆる国連「決議」に対する「挑戦」に言い掛かりをつけて新たな反共和国制裁と圧迫をもたらそうとあがいていると糾弾した。

その先頭に立って狂奔している日本の反動層と南朝鮮かいらいの醜態はとても見るにたえない程度であると非難した。

現事態に関連して、朝鮮ア太委は次のような原則的な立場を明らかにした。

1.米国はチュチェ朝鮮の水爆保有で変わった相手の地位と重さを慎重に察して、これ以上対策のない空威張りをしてむやみに狂奔してはならない。

いまだにチュチェ朝鮮の水爆実験の成功に乗せられた至大な意味と厳しい警告をまともに判別できず、旧態のとりこになって制裁と圧迫に執着するなら、米国としてはとうていかなえない類例のなく断固たる対応に直面するであろう。

2.日本は自分の境遇をはっきり知り、これ以上米国の手足になって下品に振る舞ってはならない。

日本反動層に対する骨髄に徹する恨みを抱いているわが軍隊と人民は、米国にへつらって反共和国制裁騒動に先頭で加担してきた現日本当局の罪科まで徹底的に計算する時刻だけを待っている

日本は恐ろしい打撃力と命中効果を持った多種多様な原爆と水爆、ロケットを保有した世界的な軍事強国である朝鮮民主主義人民共和国が最も近くにあるということを銘記すべきである。

3.南朝鮮当局は握っているものもろくにない分際で、責任も持てない「強力な軍事的対応」を言いふらして無分別に振舞ってならない。

事大と屈従の鎖に縛られて引きずり回されている手先の境遇で、誰に「苦しい制裁」と「圧迫」を加えなければならないと無分別に言いふらしてはならず、子どもの戦争ごっこのような「合同打撃」などのみすぼらしい対応行動で人々の爆笑を寄せてはならない。

4.周辺諸国をはじめ世界は、朝鮮の核問題に対する正しい認識を持つべきである。

今まで、わが共和国に加えてきた米国の核恐喝と威嚇は誤って選んだ相手に対する誤って選んだ選択であった。

世界は、朝鮮の水爆保有が米国をはじめとする諸大国の強権と専横を終息させ、公正な国際秩序を確立するうえで、どのような特記すべき出来事になるのかを日増しにいっそう鮮明に体験することになるであろう。

この機会に、われわれは再度世界の良心に米国が独り舞台を演じる不公正な国際秩序と不正義が正義を罵倒(ばとう)する誤った流れを正すための闘争に立ち上がることを呼びかける。

    関連記事