北朝鮮の中央裁判所の報道官は8月31日、韓国紙・東亜日報と朝鮮日報が記事で「わが共和国の尊厳を重大に冒とくした」と主張し、執筆した記者と社長を「極刑に処す」とする報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

報道官談話が言及したのは、2人の英国人ジャーナリストが韓国で8月に出版した『朝鮮資本主義共和国』(原題:North Korea Confidential)の書評記事だ。同書は、1990年代後半の大飢饉をきっかけに、北朝鮮の国民が国家から経済的に自立。なし崩し的に資本主義化が進む実態をレポートしている。

報道官談話は、紙面で同書を推薦した2紙について、「くず売文家らはこの謀略図書に基づいて、『北は資本主義国家よりもお金の力がより強く作用する国』『携帯電話のない若者は敗者扱いされる』『軍隊は無報酬労働部隊』『お金が多い人はいつでも身分が高い人と結婚できる』などのあらゆる悪態をむやみに並べ立てた」と非難。韓国語版の表紙が、北朝鮮の国章の上部にある赤い星をドルマークに変えたデザインであることも「許し難い特大型の反国家犯罪だ」と反発した。

その上で、両紙の執筆記者と社長ら4人を名指しして「極刑」を宣告し、「任意の時刻に任意の場所で追加的な手順なしに即時執行される」と威嚇している。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮中央裁判所代弁人 わが共和国の尊厳を中傷、冒とくした連中の息の根を無慈悲に止めると警告

【平壌8月31日発朝鮮中央通信】共和国中央裁判所のスポークスマンは31日、次のような談話を発表した。

チュチェの核強国、世界的な軍事強国として威容をとどろかす先軍朝鮮の滔滔たる自主的気概と強大無比の国力にびっくり仰天した敵対勢力がわが共和国に対する卑劣な謀略宣伝にいっそう執ように執着している。

その先頭に立って自分が死ぬことも知らず、むやみに奔走するのが他ならぬかいらい保守一味である。

最近、かいらい保守紙である「東亜日報」と「朝鮮日報」は二人の英国記者が執筆した謀略図書「North Korea Confidential(北朝鮮内部実状)」の不純な内容を持ってわが共和国の尊厳を重大に冒とくする特大型の犯罪を働いた。

反共和国謀略図書「北朝鮮内部実状」は、英国の時事週刊誌「エコノミスト」とロイター通信の南朝鮮特派員であったダニエル・チューザーとジェームズ・ピアソンという連中が2年前に脱北者のくずをはじめ烏合の衆の妄言をかき集めて著したもので、「北住民の生活は100%資本主義的」だの、何のとしてわれわれの現実を悪らつに謗り、わい曲ねつ造した詭弁(きべん)でつづられている。

「東亜日報」と「朝鮮日報」のくずの売文家らはこの謀略図書に基づいて、「北は資本主義国家よりもお金の力がより強く作用する国」「携帯電話のない若者は敗者扱いされる」「軍隊は無報酬労働部隊」「お金が多い人はいつでも身分が高い人と結婚できる」というなどのあらゆる悪態をむやみに並べ立てて、それが事実であるかのように「北を知りたがる人々が負担なく興味津々に読める入門書」だの、何のというたわごとまで吐いた。

はては、不作法にもわが共和国の国章の上部にある抗日の輝かしい革命伝統を象徴する赤い星は「$」(ドル)記号に、国章の下部にある国号「朝鮮民主主義人民共和国」は「朝鮮資本主義共和国」とむやみにいたずらをしてねつ造した写真まではばかることなく挿入したかとすれば、「北朝鮮内部実状」となっている図書の題目も「朝鮮資本主義共和国」にわい曲する歯ぎしりする悪行を働いた。

今まで、「東亜日報」「朝鮮日報」をはじめとするかいらい保守メディアは、われわれを非難する悪宣伝を絶え間なく行って罪悪に罪悪を上塗りしてきたし、われわれはそのつどそのような対決妄動の代償がどれほど凄絶(せいぜつ)であるのかについて厳重に警告した。

しかし、かいらい保守メディアはそれにあくまでも背を向けて反共和国謀略騒動に執ように執着し続けながら、今やあえてわが共和国の神聖な国号と国章まで中傷、冒とくする不作法な行為もためらわない境地に至った。

この世のどこにも見られない人民大衆中心の最も優れた朝鮮式社会主義制度を悪らつに謗ったあげく、わが共和国の神聖な尊厳の象徴である国章と国号までひどく中傷、冒とくしたのは、千秋に許せない特大型の反国家犯罪である。

それが歴史と民心の峻厳な裁きを受けて生ける屍の群れに転落して最後の息をついている醜悪な保守一味のそそのかしと操りによって繰り広げられた極悪非道な妄動だということは言うまでもない。

共和国刑法第60条には、反国家的目的で共和国の尊厳を冒とくした者はその情状が重い場合、死刑に至るまで極刑に処すると明白に規制されている。

共和国中央裁判所は、わが共和国の尊厳を悪らつに中傷、冒とくしたかいらい「東亜日報」記者のソン・ヒョリムと社長のキム・ジェホ、「朝鮮日報」記者のヤン・ジホと社長のパン・サンフンを共和国刑法に従って極刑に処するということを宣告する。

犯罪者らは判決に対して上訴することができず、刑は対象が確認されるにつれて任意の時刻に任意の場所で追加的な手順なしに即時執行されるであろう。

これとともに、わが共和国の尊厳を中傷、冒とくする特大型の挑発行為を考案し、操った者らもあくまで追跡して汚らわしい息の根を無慈悲に止めるであろう。

この機会に、「東亜日報」と「朝鮮日報」のくずの売文家らの特大型犯罪を今まで黙認している南朝鮮当局にも警告する。

もし、南朝鮮当局がわが共和国の尊厳を悪らつに中傷、冒とくした犯罪者を遅滞なく調査して懲罰しないなら、その共犯者としてらく印を押すようになるであろう。

わが共和国の神聖な尊厳を中傷、冒とくした連中に対しては、いささかの慈悲や寛容もないということをはっきりと認識すべきである。

われわれは、南朝鮮当局の態度を鋭く注視するであろう。---

    関連記事