北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は24日、国連安全保障理事会が採択した制裁決議に反発する論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「国連の『制裁決議』は徹頭徹尾、わが共和国に対する米国の極悪非道な孤立・圧殺策動の所産である」と非難した。

また、核保有国が制裁決議に賛同したことに対して、「強盗さながらの二重基準の極みである」と述べた。さらに、賛同した核保有国で、「『ズボンを売ってでも核を持たなければならない』と言って制裁と圧迫を冒して核保有の夢を実現した国」と、名指しは避けつつ中国を批判した。

    関連記事