北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は23日、日本の国会議員が靖国神社を参拝したことを非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

今月15日の終戦の日に合わせて超党派の議員連盟に所属する国会議員63人が集団参拝した。一方、安倍内閣の19人の閣僚は1人も参拝しなかった。

論評は、「歴代日本の極右反動分子らが靖国神社を日本の国民に軍国主義思想を吹き込む拠点に利用してきた」と指摘した。