北朝鮮外務省のスポークスマン(報道官)は19日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、国連事務総長が「朝鮮半島情勢激化がわれわれの『核およびミサイル開発』によって始まったという妄言を並べ立てた」と非難した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

報道官は、「朝鮮半島核問題が発生し、情勢激化の悪循環が続く根源は全て米国の対朝鮮敵視政策と核脅威にある」と述べた。

また、「国連事務総長が朝鮮半島情勢を最悪の爆発ラインへ追い込んでいる米国には一言も言えず、朝鮮半島問題の解決のために公正な立場を取ると言うのは理に合わない」と主張した。

そのうえで、「朝鮮半島と地域で情勢を緩和させ、危険な軍事的衝突を防ぐには、われわれの周辺に数多くの核戦略装備を配備して火の元をつついた米国が先に正しい選択をして行動で見せるべきであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人 朝鮮半島緊張激化の原因が共和国にあるかのように世論をまどわす国連事務総長の妄言を非難

【平壌8月19日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは、国連事務総長が朝鮮半島緊張激化の原因がまるでわれわれにあるかのように世論をまどわしていることに関連して19日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

最近、国連事務総長は朝鮮半島問題に関連する記者会見で、朝鮮半島情勢激化がわれわれの「核およびミサイル開発」によって始まったという妄言を並べ立てた。

国連事務総長のこのような発言は、朝鮮半島核問題の本質に対する無知の表れとしかほかには見られない。

明白に言っておくが、朝鮮半島核問題が発生し、情勢激化の悪循環が続く根源は全て米国の対朝鮮敵視政策と核脅威にある。

国連事務総長が朝鮮半島情勢を最悪の爆発ラインへ追い込んでいる米国には一言も言えず、朝鮮半島問題の解決のために公正な立場を取ると言うのは理に合わない。

朝鮮半島と地域で情勢を緩和させ、危険な軍事的衝突を防ぐには、われわれの周辺に数多くの核戦略装備を配備して火の元をつついた米国が先に正しい選択をして行動で見せるべきであろう。

われわれは、米国の対朝鮮敵視政策と核脅威が根源的に一掃されない限り、われわれが選択した核戦力強化の道からたった一寸も退かないであろう。

    関連記事