北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は16日、文在寅政権の対北朝鮮政策を糾弾する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

文氏は、圧迫と対話を同時並行する対北朝鮮政策を進める意向を示している。韓国KBSが、今月14日と15日の2日間に行ったアンケート調査によると、対北政策については、「圧迫と対話を並行すべきだ」という意見が48.5%で最も多く、「交渉と対話を優先すべきだ」が32.7%、「強行な北韓(北朝鮮)圧迫を優先すべきだ」が16.7%だった。

論評は、「南朝鮮のかいらいが米国の反共和国制裁策動に積極的に加担しながら『対話』をうんぬんすることこそ、破廉恥極まりなく、自家撞着的な詭弁だと言わざるを得ない」と糾弾した。

また、「かいらい当局者らが『圧迫と対話の並行』についてけん伝するのは結局、対話そのものを否定し、対話の道を永遠に遮るということにほかならない」と指摘した。

さらに、「現実は、かいらいのぬけぬけとした『対話』うんぬんが結局、同族対決の真っ青な匕首を隠すための見え透いたうそにすぎないということをはっきりと実証している」と強調した。

そのうえで、「かいらいがせん越にも、『圧迫と対話の並行』などをうんぬんして外部勢力と結託し、同族を圧殺するための制裁劇と軍事的対決騒動に狂奔するほど、北南関係はよりいっそう抜け出せない破局へと突っ走るようになり、それから招かれる重大な結果の全責任は南朝鮮当局が負うことになるであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 南朝鮮のかいらい反逆一味は「圧迫と対話の並行」などで誰かを愚弄しようとしてはいけない

【平壌8月16日発朝鮮中央通信】16日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、南朝鮮のかいらいが米国の反共和国制裁策動に積極的に加担しながら「対話」をうんぬんすることこそ、破廉恥極まりなく、自家撞着的な詭弁(きべん)だと言わざるを得ないと糾弾した。

論評は、かいらい当局者らが「圧迫と対話の並行」についてけん伝するのは結局、対話そのものを否定し、対話の道を永遠に遮るということにほかならないとし、次のように指摘した。

それで、そんなにも「対話」を願うという連中が米国の核戦略資産を朝鮮半島の周辺にたくさん配備して空中連合打撃訓練だの、連合弾道ミサイル発射訓練だのという挑発的な戦争演習騒動を毎日のように起こしながら、極度の緊張状態を醸成しているのか。

現実は、かいらいのぬけぬけとした「対話」うんぬんが結局、同族対決の真っ青な匕首を隠すための見え透いたうそにすぎないということをはっきりと実証している。

対話は対決企図を隠すためのベールではない。

かいらい反逆一味は、「圧迫と対話の並行」などで誰かを愚弄しようとしてはいけない。

かいらいがせん越にも、「圧迫と対話の並行」などをうんぬんして外部勢力と結託し、同族を圧殺するための制裁劇と軍事的対決騒動に狂奔するほど、北南関係はよりいっそう抜け出せない破局へと突っ走るようになり、それから招かれる重大な結果の全責任は南朝鮮当局が負うことになるであろう。

    関連記事