北朝鮮の李炳斗(リ・ビョンドゥ)大使が3日、ボスニア・ヘルツェゴビナ幹部会のドラガン・チョビッチ議長に信任状を提出した。朝鮮中央通信が9日付で伝えた。

同通信の報道全文は次のとおり。

ボスニア・ヘルツェゴビナ幹部会議長が朝鮮との双務関係を発展させるために努めると強調

【平壌8月9日発朝鮮中央通信】李炳斗朝鮮大使が3日、ボスニア・ヘルツェゴビナ幹部会のドラガン・チョビッチ議長に信任状を提出した。

チョビッチ議長は、朝鮮が経済建設と人民の生活向上を目指す闘いで多くの成果を収めていることについて喜ばしく思う、今後さらなる成果を収めることを願うと述べた。

また、長い友好関係を有している朝鮮との関係を拡大、発展させるのはボスニア・ヘルツェゴビナの一貫した立場であるとし、各分野で交流を強化し、両国人民の相互利益に即して双務関係を発展させるために積極的に努力すると語った。---

    関連記事