北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は1日、米国が北朝鮮の体制転覆を狙っていると非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「共和国住民を相手にする心理謀略プロパガンダを大幅に強める目的の下、連邦政府資金まで投入してラジオ・フリー・アジア(RFA)などの謀略宣伝機関で反共和国放送編集物を集中的に制作している」と指摘した。

また、「朝鮮に対する『斬首作戦』に利用する大きさが昆虫ぐらいのマイクロ・ロボット兵器を秘密裏に開発している」と述べた。