北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は18日、先月16日に米国で起きた外交信書物(外交文書)押収問題に関して、米国政府が公式に謝罪したと朝鮮中央通信社記者の質問に答える形で主張した。

北朝鮮の外務省は、ニューヨークでの国連の会議に出席した同国の代表団が帰国する際、ケネディ国際空港で米国当局に外交文書を強奪されたと主張していた。一方、米国の国土安全保障省は、押収の事実は認めたうえで、当該の人物らについて外交官の身分ではなく、文書についてもウィーン条約の保護対象ではなかったと反論。双方の意見は真っ向から対立していた。

報道官は、「米国務省は今回の事件に関連して、当該の保安関係者らが誤謬を犯したと認め、米国内の安保が非常に不安定で保安関係者らの神経が鋭敏になり過ぎたことからこのような過ちを犯したということについて理解してくれることを希望するとし、米国政府の名義で公式に謝罪した」としながら、「これとともに、信書物をわが方に全部返還した」と述べた。

そのうえで、「米国は今回の事件から当然な教訓をくみ取り、公認された国際法と規範を乱暴に蹂躙して他国の自主権を侵害する行為を二度と強行してはならない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人、米国はわれわれの外交信書物強奪事件から当然な教訓をくみ取るべきだ

【平壌7月18日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは、米国がニューヨークで発生したわれわれの外交信書物強奪事件に対して謝罪し、信書物を返還したことに関連して18日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

既報のように、去る6月16日、ニューヨークで行われた障害者権利協約当事国会議に参加して帰っていたわが代表団がニューヨーク空港で米国の不法非道な挑発行為によって外交信書物を強奪される事件が発生した。

われわれは、米国の行為をわが共和国に対する許しがたい主権侵害行為、極悪な挑発行為とらく印を押し、峻烈(しゅんれつ)に断罪、糾弾したし、米国がこれについて説明し、政府レベルで公式に謝罪することを強く求めた。

われわれの提起によって招集された国連主催国との関係委員会会議でも、議長である国連駐在キプロス代表と中国、ロシア、キューバ、シリアをはじめ会議に参加した多くの国の代表たちは外交信書物強奪が主権侵害行為としてきわめて重大で絶対に許されないということについて認めた。

米国務省は今回の事件に関連して、当該の保安関係者らが誤謬(ごびゅう)を犯したと認め、米国内の安保が非常に不安定で保安関係者らの神経が鋭敏になり過ぎたことからこのような過ちを犯したということについて理解してくれることを希望するとし、米国政府の名義で公式に謝罪した。

これとともに、信書物をわが方に全部返還した。

米国は今回の事件から当然な教訓をくみ取り、公認された国際法と規範を乱暴に蹂躙(じゅうりん)して他国の自主権を侵害する行為を二度と強行してはならない。

    関連記事