北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は18日、米韓軍の演習を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、米韓両軍のミサイル部隊が弾道ミサイルの同時発射訓練を行ったことなどを指摘しながら、「これは新たな境地に至った共和国の強大無比の国力と戦略的地位に恐れおののいた者の笑止千万な虚勢である」と主張した。

(関連記事:韓国軍「北朝鮮指導部を精密打撃できる」…米韓軍が弾道ミサイル発射訓練

また、「今、われわれが送った『贈物包み』を受けてトランプ行政府はどうしたらよいか分からなくて右往左往している」と述べた。