「民主朝鮮」紙 南朝鮮外交部長官の同族対決妄言を糾弾

【平壌7月6日発朝鮮中央通信】6日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、南朝鮮外交部長官に任命された康京和が同族対決妄言をやたらに吐いていることについて糾弾した。

康京和は、外交部長官候補に内定された時、各保守野党が自分の不正腐敗疑惑にかこつけて自発的辞退を強迫すると、その苦境から逃れようと「北の核問題を最優先課題」に取り扱うべきだの、「追加挑発に対してはより強力な制裁」が必要だの、金剛山観光中断と開城工業地区閉鎖は「全て北の前例のない挑発行為の結果」だの、何のと言ってわれわれに言い掛かりをつけた。

    関連記事